食物繊維について

食物繊維とは

食物繊維は腸内環境改善に大切な栄養素
あらゆる病気に関係していることが研究されています

食物繊維(Dietary Fiber:ダイエタリーファイバー)は、昔は「体に吸収されず、必要な栄養素まで出してしまう食べ物のカス」だと考えられていました。
しかし、20世紀に入てから研究が進み、食物繊維は「人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総称※」とされ、体に不可欠な第6番目の重要な栄養素であると位置づけられています。

※植物に含まれる「セルロース」や「リグニン」、「ペクチン」、エビやカニなどの甲殻類に含まれる「キチン」およびキチンから作られる「キトサン」なども食物繊維に含まれます。これらは「ヒトの消化酵素で分解されない」という共通の性質をもっています。

近年の研究では、上記のほか「難消化性のたんぱく質」も食物繊維と同じような働きをすることもわかってきています。さらに、「糖質」についても加熱してから温度が冷えることで一部の性質が変わり、食物繊維と同じような働きを持つことがわかってきており、これを「レジスタントスターチ」といいます。このレジスタントスターチや、トクホ飲料などに使用されているデンプンから作られたマルトデキストリン(難消化性デキストリン)も広い意味での食物繊維に含まれます。

食物繊維コラム

●体と食物繊維の関係

体と食物繊維の関係食物繊維が不足するとどうなるの?腸内細菌と食物繊維の関係とは? 食物繊維が不足すると、腸内の環境が悪化しやすくな ...

続きを読む

●体と食物繊維の関係

食物繊維はカルシウムや鉄などのミネラルの吸収を抑えるって本当?

食物繊維はカルシウムや鉄などのミネラルの吸収を抑えるって本当?食物繊維はカルシウムや鉄などのミネラルの吸収を抑えるといわれていました ...

続きを読む

食物繊維はカルシウムや鉄などのミネラルの吸収を抑えるって本当?


ページトップへ戻る

Copyright © 大人のダイエット研究所. All rights reserved.